クレジットカード・ローン > クレジット業界

クレジット業界

金融業界最大の装置産業の再編統合のカギはシステム

クレジットカード業務は数百万もの会員に対して決済代行や貸付を行うので、業務効率を上げるためのシステム構築が不可欠です。金融業界で最も装置産業化した業態といえるでしょう。 クレジットカードが利用されなければ、クレジットカード会社には何の利益も…

クレジット業界

メガバンク、商社、消費者金融とのタッグで多様なサバイバル作戦

銀行系クレジットカードと大手信販は、長年支援を受けてきた関係から、メインバンク・都銀の個人業務戦略に沿った生き残り策を模索せざるを得ない状況になってきました。 メガバンクグループの中核である都銀は、05年3月期決算で不良債権比率の半減目標を…

クレジット業界

一番最後に着手されたクレジット・信販会社の再編・統合

メインバンクである都市銀行が再編・統合したことから、クレジットカード。信販などノンバンク各社の再編・統合も時間の問題といわれていましたが、メガバンクグループは先送りしてきました。 大手ノンバンクは、大1銀行からの長期借り入れで事業活勁を展開…

クレジット業界

都銀が叫んだウソの主張

今はキヤッシユカードと一体になったクレジットカードも珍しくありません。しかし、都市銀行は銀行本体で取り扱うことに消極的でした。 大手銀行は、昔からリテール業務に熱心ではありませんでしたが、50年代から米国でクレジットカードの発行が始まったこ…

クレジット業界

都銀がこれまで本気でリテールに取り組まなかった理由

都市銀行は1000万単位の口座数を誇る巨大金融機関で、個人口座も膨大な数にのぼります。しかし、個人(リテール)業務に対しては、これまでは積極的に取り組んできたとはいえませんでした。 都市銀行は、我が国の金融業界を常にリードする巨大金融機関で…

クレジット業界

個人消費手段の1/4を占めるクレジットカード

クレジットカードは代金後払いの性格から、元来不況に強い業種といえます。この10年間、国民消費支出の4分の1を占めており、個人消費の大きな担い手として活躍しています。 クレジットカードは、商品やお金を先に購入(借り入れ)して、後で(代金)返済…

クレジット業界

法人(ホールセール)から個人(リテール)へ

90年代中盤からの長期不況で、銀行は収益向上のための戦略ターゲットを設備投資意欲が低下した企業か ら、圧倒的な数を誇る一般の利用者に大きく転換し、業績回復を図っています。 金融業界は90年代中盤から、極度の業績不振に陥りました。ご承知のとお…

クレジット業界